生理痛の原因ってなんなのでしょう?

生理痛

生理痛といっても女性により、症状だったり、痛みやひどさが異なります。

生理痛がどういった症状なのかについては、前回の生理痛はいやですよね・・・・・をチェックしてください。

今回は自分が生理痛がひどかったので、その時になんで生理痛になるの?と疑問に思い、いろいろ調べたので、紹介したいと思います。

生理痛の大きな原因となっているのはプロスタグランジンという物質なんです。

生理がきた時に子宮内の膜が剥がれます。

膜が剥がれるときに痛みと熱と腫れを発生させるのがプロスタグランジンという物質なのです。

炎症を起こす物質と言ってもいいでしょう。

つまり、原因がわかっているから、鎮痛剤ももちろんあります。

世の中に出回っている生理痛の時に飲む鎮痛剤は、このプロスタグランジンの生成を阻害する薬なのです。

市販の薬局などでは、似た作用を持つ物質を使って作られている市販薬も多く販売されています。

生理痛が起こるのには、この物質が発生するためで、プロスタグランジンの発生率が高いほど生理痛がひどい状態なのです。

また、生理痛の時に吐き気やイライラ、胃痛や頭痛をを引き起こす原因もこの物質のせいなのです。

以前はそれほど多く発生しなかったのではと言われています。現代の女性生活環境などが昔と大きく変わってきているためと考えられています。

昔の生活習慣などを調べて、その時間帯での生活環境に変化させれば、生理痛も少なくなるんでしょうかね?笑

生理痛の一番の原因はプロスタグランジンという物質にありますが、それを引きを越しているのが、先ほどもいいましたが、女性の生活、ライフスタイルの変化です。

その影響もあり、初経年齢が低くなり、さらに出産の数が減っていること、高齢出産の増加、閉経年齢の上昇などにより、女性は生理を経験する回数が昔にくらべ9倍にもなっていると言われています。

その結果、女性ホルモンの分泌を行う回数が増加し、子宮の内部にも変化が起こり、プロスタグランジンの発生率が高くなっているのではないかと考えられています。

もうどおすることもできないんですかね・・・・・・・・・・・・

私は基本的に鎮痛剤を飲んで耐えていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加