バストサイズが小さい原因は?

バストサイズで悩む女性

バストが小さい、貧乳で悩んでいる人はまず、自分が胸が小さい原因を知ることです。

私も遺伝のセイばかりにして原因を調査することを怠っていました。

実は調べてみると、バストサイズが小さいのは、さまざまな要因がありました。

一番大きな原因はやはり、生活習慣のようです。

「睡眠時間」、「食事の栄養バランス」などの生活習慣は胸のサイズアップだけでなく、さまざまな人間の成長に問題を与える可能性があります。

なかでも、生活習慣の乱れは女性ホルモンの分泌に大きな悪影響を与えてしまいます。

女性ホルモンの多く(特にエストレゲン)は、睡眠している間、ゴールデンタイムとよばれる「夜11時から2時まで」の間に多く分泌されると言われます。

成長期の時代にこのゴールデンタイムの時間にしっかり睡眠できていなかったりすると、エストレゲンの分泌が少なく、バストなどの成長に悪影響を与えてしまいます。

また、食生活も同じく、偏った食事は女性ホルモンの分泌に多大な悪影響を与える可能性があります。

また、成長期の飲酒や喫煙(20歳未満は法律で禁止されています。)をしたために女性ホルモンの分泌が乱れ、バストを妨げ、胸が小さい原因になってしまいます。

その他の原因として多いのが、過剰なダイエットにより脂肪を削りすぎてしまったりすると胸が小さくなってしまいます。

バストは脂肪ですので、ダイエットにより、本来あるはずの胸の脂肪がなくなってしまい、貧乳になってしまう原因です。

そして、バストを形成するもっとも重要な要素として、乳腺があります。

バストはこの乳腺の大きさによって決まると言われています。

胸は90%が脂肪です。この脂肪の役割は、乳腺を守ることです。

つまり、乳腺が大きければ大きいほど、脂肪がつき、バストサイズがアップします。

この乳腺もまた、生活習慣の乱れにより、生じる女性ホルモンの分泌の乱れに左右されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加